ビジネスシーンで活躍したい、海外出張のために英会話をみにつけたい人のためにビジネス英会話に強い英会話スクールをまとめました。日常会話から交渉、プレゼンテーションなどの多様な場面で仕事に必要なスキルを身に付けたいという方は必見です。

ビジネス英会話に強いスクールの選び方

ここでは、りす子が東京駅周辺で調査した10校のうち、ビジネス英会話に強い3校をご紹介します。仕事で英会話が必要な方は、ぜひ参考にしてください♪

ベルリッツ公式HP画像
■ ベルリッツ
・目的別強化コース/職業別コースなど豊富なコースから選べる
・イチオシは、グループで課題発見~問題解決まで行う実践形式コース

ブリティッシュ・カウンシル公式HP画像
■ ブリティッシュ・カウンシル
・イギリスの国際文化交流機関(公的機関)
・講師の質はもちろん、生徒も多方面の社会人が集まるので刺激になる

リンゲージ公式HP画像
■ リンゲージ
・40年以上トヨタ自動車/日立グループなど400社以上の企業研修実績
・特定コースはありませんが、マンツーマンで対応可能

今回りす子が調査した10校のうち、ビジネス英会話に定評のあるスクールは「ベルリッツ」「ブリティッシュ・カウンシル」「リンゲージ」の3校でした。

ベルリッツ、ブリティッシュ・カウンシルは、いわずと知れたビジネス英会話で有名なスクールです。実績やノウハウは文句なし!授業内容の質の高さは口コミでもよく評価されています。

リンゲージのグループレッスンにはビジネス英会話用のコースなどはありませんが、マンツーマンレッスンで対応可能です。企業研修に関しては最大手なので、質には全く問題ないでしょう。

ビジネス英会話を習得するには自分のレベルにあったレッスンを受ける必要があります。旅行・趣味のためではなく、実際のビジネスに使える英会話を学びたいなら、目的を明確にし、効率よく学べるスクールを選びましょう。

3校ともに無料体験を行っているので、実際に体験して自分に合うスクールを見つけてくださいね♪

【プチコラム】そもそもビジネス英会話って?

ビジネス英会話と普通の英会話、なにが違うの?と思ったりす子は、ビジネスで使う英語についても調査してみました!

両者の大きな違いは「伝わればOKな日常会話」と「きちんとした言い回しが必要なビジネス英会話」だということ。
旅行などで買いものをした際、カタコトでも単語でも意味が通じるなら問題ないですよね。身振り手振りやスラング交じりでも可能です。学生時代の英語の授業で学んだ単語をつなぎ合わせれば、なんとか喋れるのが日常会話だといえます。

しかし、ビジネスシーンではそうはいきません。カタコトの日本人に「この商品買って」と言われても、信用できないし交渉したくないですよね。また目上の取引先の方と商談している際に、スラングや不適切な言い回しを使ってしまったら…最悪の場合、取引が失敗になるかもしれません。

適切な言い回し・フルセンテンス・論理的な文章がスラスラと話せるようになるのが、ビジネス英会話の目標です。子どもっぽい日常会話ではなく、大人のきちんとした英語で話せたらかっこいいですよね!

紹介した「ベルリッツ」「ブリティッシュ・カウンシル」「リンゲージ」の3校は、日常会話もビジネス英会話も対応しているので、どちらも学べてお得!英会話に興味があるなら、ぜひ無料体験にチャレンジしてください♪

ページの先頭へ